技術コラム

フライス加工について

フライス加工とは

材料(工作物)を固定し、工具を回転させながら材料に当てて削り、目的の形状に加工することです。 切削加工を代表する一つであり、特に角材の加工を得意としています。

 

フライス加工とは

 

フライス加工の主な種類

フライス加工の種類について

 

機械や工具を使い分けることで、多様な形状をフライス加工だけで作ることが可能です。

フライス加工に使用する工作機械

フライス加工に用いる工作機械をフライス盤といいます。

立てフライス盤

汎用フライス盤と呼ばれるうちの一つ。

テーブルに対し、工具を装着する主軸が垂直に取り付けられてある。

手動で動かし、平面・側面・溝加工等を行う。

横フライス盤

汎用フライス盤と呼ばれるうちの一つ。

テーブルに対し、工具を装着する主軸が水平に取り付けられてある。

溝や切断、深穴加工が得意。

NCフライス盤

NC = Numerical Controlの略。

コンピュータによる数値制御によって自動で動くフライス盤である。

NCフライス盤にも縦と横がある。

マシニングセンタ

NCフライス盤にATCと呼ばれる、

工具を自動で交換できる装置が付加されたもの。

同様に縦と横がある。

 

フライス盤の構造について

フライス盤の構造について

 

まとめ

フライス加工とは材料を固定し、工具を回転させながら材料に当てて削り、

目的の形状に加工することです。それに使用する工作機械をフライス盤といいます。

フライス加工には様々な加工方法があり、それにより多様な形状を作り出すことができます。

切削加工を代表する加工方法の一つです。

ご相談・お問い合わせ 技術資料ダウンロード