技術コラム

フライス工具の種類について

フライス加工に使用する工具

フライス加工では、主にフライスと呼ばれる、円筒外周や端面に切れ刃をもった工具を機械に取り付け加工します。

実際はフライス以外にもカッターやドリル等を組み合わせて加工を行うことが多いです。

 

エンドミル

外周と底面に切れ刃をもつ、代表的なフライス。

平面・側面・溝・ポケット加工等、用途が広い。

エンドミルの中でも、形状・刃数・材質等の違いがある。

正面フライス

工具の円周上に複数の切れ刃のチップをもつフライス。

チップは交換可能な消耗品。大きい平面を効率よく切削できる。

平フライス

工具の外周に切れ刃をもつ、筒状のフライス。

横フライス盤に取り付け、平面加工を行う。

切削効率は良いが、正面フライスより加工面は粗め。

側フライス・角フライス

外周と両側面に切れ刃をもつ、円盤状のフライス。

横フライス盤に取り付け、側面加工や溝加工を行う。

角フライスは切れ刃に角度が付いている。

メタルソー・スリワリフライス

スリット加工(細い溝の加工)に使う。

側フライスに似ているが、切れ刃は外周のみ。

メタルソーは深溝・切断用。すり割りフライスは浅溝用。

溝フライス

外周に切れ刃をもつ、円盤状のフライス。

Tスロットカッター(T溝加工)や、アリ溝カッター(アリ溝加工)等。

その他

インボリュート歯車の歯を作るための歯切りフライスや、

ボルト用の沈め穴を作るための沈めフライス等。

 

フライス工具について

 

まとめ

フライスは円周外周や端面に切れ刃を持つ工具の総称です。

エンドミルは代表的なフライスであり、最も汎用的な工具です。

使用する機会や加工形状、除去効率を考えて最適な工具を選ぶのがベストです。

ご相談・お問い合わせ 技術資料ダウンロード