技術コラム

旋削加工とは?製作される部品や旋盤機械について解説

旋盤加工とは

旋削加工とは、回転させた工作物(ワーク)に刃物台に取り付けた切削工具をあてつけることで加工する切削加工の一種です。

 

旋盤加工でつくられる部品

旋削加工はワークを回転させて加工するので、円筒形状になります。そのため“丸物”とよばれます。シャフトやノズル、ボルト、フランジなど回転体の形状になっている部品の加工に適しています。

 

旋盤加工とは?製作される部品や旋盤機械について解説

 

旋盤とは

旋削加工を行うには旋盤という工作機械を用います。

材料を取り付けた主軸を回転させ、刃物台にバイトを取り付け、刃物台を動かし、回転している材料にバイトを押し当てることで形状を削り出します。

 

旋盤加工とは?旋盤機械について

 

NC旋盤とは

現在の生産現場では、NC装置が取り付けられたNC旋盤での加工が主になっています。

NC装置により、刃物台の動きをプログラムで自動的に動かしたり、回転数などの様々な設定を変更する事が出来ます。

NC化によって、汎用旋盤に比べ高精度の部品を大量に製造する事が出来ます。

 

まとめ

旋削加工とは、回転している材料にバイトを押し当てて削る加工方法で、

回転体の形状の部品をつくる事ができます。

旋削加工は旋盤を用いて行います。

ご相談・お問い合わせ 技術資料ダウンロード